睡眠の質の向上による、不登校改善のためのセミナー

8月17日、通信制高校のKTC中央高等学院にて、養護系教諭・保護者向けの睡眠講演会を行うと共に、eSLEEP・睡眠改善プログラムの一貫として、教職員を対象とした指導者向けセミナー「生徒の睡眠を実際に向上させ、不登校などを改善させるための方法」を実施いたしました。
 
◆指導者向けセミナーに寄せられた感想(抜粋)◆
・予想以上に、自分自身の睡眠の質・量が低下していることが分かった。特に子どもへの影響が大きいので、すぐにでもできることを実行したい。教えていただいた具体的な数値や目標を使った提案に取り組んでみたい。
・睡眠がどれだけ大切なものなのか、どんな効果があって、どんな影響があるのかわかりやすかった。キャンパス生徒で該当するケースが多かったので、すぐにでも実施していきたい。
・(実際にロールプレイングを行ってみて、)面談の進め方や技術をもっと知りたい。提示できる改善策を増やしたい。
・傾聴、リピーティング、ケータイ電話のおやすみモード、光と睡眠の関係など・・・たくさん話をしていきたいです。
・睡眠だけでなく、生活習慣についての細かいヒアリングをやっていこうと思います。
・専門知識に合わせて、面談のやり方も練習できたので、気づきが多かった。