プレスリリース:「睡眠リズムと不登校」講演会のお知らせ

「睡眠リズムと不登校」の連続講演会を下記要領にて実施いたします。

■概要 「朝まで眠れない」「どんなに頑張っても午前中に起きられない」「全盲で昼夜が分からず睡眠が乱れる」「毎⽇少しずつ睡眠時間帯がずれ、社会に適応できない」という疾患である睡眠リズム障害。

思春期⼈⼝の3〜7%は睡眠リズム障害に罹患しています。発症してしまうと、重度の場合は全く登校ができなくなり、深刻な体調不良・覚醒困難による不適応や不登校をきたします。実際に、⾼校を中退した⽣徒の43.2%は「リズムと学校が合わなかった」(H25 東京都調べ)と回答するなど、⼦どもの健康と未来を守る上で、⼤きな問題となっています。

今回、KTC 中央⾼等学院と連携し、地域の養護教員や保護者向けに この問題を学ぶための連続講演会を開催いたします。

■講演内容と問い合わせ先 ※講演会の参加には事前のご連絡が必要です

タイトル 「睡眠リズムと不登校に関する勉強会」
講義内容 睡眠の基礎知識とメカニズム、誤った都市伝説、リズム、睡眠と学校⽣活、対処法 (講義90分・質疑応答30分)
講師 志村哲祥 (しむらあきよし) 医師・医学博⼠・精神保健指定医・認定産業医
参加費 無料 参加者 教育機関担当者・保護者とそのお⼦様