日本睡眠学会 第42回定期学術集会における発表

日本睡眠学会主催、第42回定期学術集会において 「都内の通信制高校において睡眠の問題が欠席に与える影響」 「通信制高校において、個別化した睡眠衛生指導は登校率を向上させた」 上記について発表を行いました。 ◆日本睡眠学会Read more…

「子どもの睡眠障害への予防と対応」講演

5月24日に行われた、平成29年度横須賀市学校保健会定期総会特別講演において「こころ・からだ・ねむり ~子どもの睡眠障害への予防と対応~」の講演を行いました。 こどもの頃の睡眠習慣が将来の健康にまで影響を与えてしまうことRead more…

日本産業衛生学会における結果発表

5月12日の日本産業衛生学会にて、志村哲祥医師(M.D.,Ph.D.)と杉浦航研究員(M.Phil:Statics)による研究発表が行われました。 発表内容に関しては、以下の通りです。 ・ストレスチェックにおける各種スコRead more…

教育現場と睡眠-3

12月16日、東京私立中学高等学校協会にて、養護教諭等の先生方を対象とした「教育現場と睡眠」の講演を実施いたしました。 睡眠の基礎知識から、こどものこころとからだに与える睡眠の影響、具体的な改善策がレクチャーされました。Read more…

日本学校保健学会での研究活動発表-3

11月19日、日本学校保健学会にて研究活動の発表を実施いたしました。 演題: 都内の通信制高校における欠席行動のリスクファクターとしての睡眠と、睡眠を対象とした生活指導によるアブセンティズムの改善 海外では睡眠の問題が欠Read more…

日本学校保健学会での研究活動発表-2

11月19日、日本学校保健学会にて研究活動の発表を実施いたしました。 演題: 朝型夜型傾向や生活習慣と睡眠の問題が成績に影響するメカニズムの検討 「朝型生活は成績によい影響がある」という説がありますが、それは一部誤りであRead more…