睡眠指導で欠席が減少!

2015年の秋に、通信制高校のKTC中央高等学院の秋葉原キャンパスにおいて、睡眠の調査と、睡眠に関する生活習慣の指導(睡眠衛生指導と呼ばれます)を行いました。
その結果、睡眠に問題があると顕著に欠席が増えてしまうことが分かりました。
さらに、睡眠改善プログラムの導入によって、睡眠の問題が解決し、出席率が改善しました。