東京五大学精神医学集談会における分析結果発表

こどもみらいのSTRESCOPE・eSLEEPデータを分析した結果を、2月7日の東京五大学精神医学集談会において、志村哲祥医師(こどもみらい R&D)が発表しました。

内容は、”Social Jet Lag”と呼ばれる、その人本来の生物時計と、社会的な活動時間とが不一致を起こすことによる様々な不調が、ストレスチェックの結果や睡眠の問題と関連するデータを示したものです。

◆STRESCOPE (ストレスコープ) WEBサイト
http://strescope.jp