学術大会優秀賞を受賞いたしました

11月10日、2017年のノーベル生理学・医学賞の対象となった「体内時計」の研究を扱う、日本時間生物学会学術大会(第24回)において、
こどもみらいのSTRESCOPE・eSLEEPデータを分析した、高江洲義和先生(医師・医学博士)の発表が学術大会優秀賞を受賞しました。

研究内容は”Social Jet Lag”と呼ばれる、その人本来の生物時計と社会的な活動時間との不一致が、心身のストレス反応や睡眠の
問題と関連することを示したものです。こどもみらいでは今後も健康経営に資するためのR&D活動を行ってまいります。

◆日本時間生物学会WEBサイト
http://chronobiology.jp

学術大会優秀賞を受賞いたしました” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。