ストレスチェックを「やってよかった」にする分析サービス
STRESCOPE ANALYSIS(ストレスコープ アナリシス)

改善に繋げれば、ストレスチェックは「コスト」ではなく「投資」

STRESCOPE ANALYSISは、ストレスチェックの結果データを分析し、組織が何を改善すべきかを明らかにするサービスです。
やりっぱなしのストレスチェックはコスト要因でしかありません。しかし、STRESCOPE ANALYSISによって結果を分析することで、リスク回避のための「投資」と位置づけることができます。

リスクの高さが一瞬でわかるレポート

御社の従業員のストレスは、何に最も関係があるでしょうか。仕事の量、人間関係、それとも仕事の質…。
STRESCOPE ANALYSISは、厚労省書式よりわかりやすい、一目でわかるレポートをお届けします。

医学的に正確な分析

一般的なストレスチェックの集団分析は、厚生労働省の書式に当てはめた単純な集計を”分析”と称していることが多いです。点数の高低と、ストレス反応の関係は単なる集計や全国平均との比較では判断できません。
STRESCOPEは、医師監修の元、医療統計として医学的に広く使われている手法により実用的な結果をご提示します。

STRESCOPE ANALYSIS 画面

STRESCOPE ANALYSISへ